京都工繊ブラジリアン柔術同好会は、楽しみながら格闘技を学ぶサークルです。

空手、柔道、少林寺拳法、ボクシングなど、柔術以外の格闘技経験者も多く在籍しています。格闘技の経験が全く無くて始めたメンバーも多く、経験者も初心者もお互いに和気藹々と切磋琢磨しています。柔術は女性向けの護身術としても非常に優れた一面を持っています。当同好会では格闘技経験の有無や男女を問わずに広く参加者を募集しています。学生のみならず、教職員の参加も歓迎しています。
火曜・金曜は工芸繊維大学で、土曜・日曜は京都大学で練習しています。好きな日に参加できて、練習時間内であれば途中入退場も自由です。会員一同ゆるーい雰囲気であなたの参加を待っています。まずはご連絡のうえ、一度見学にお越しください。

ブラジリアン柔術とは

投げ技、関節技、絞め技などの組み技を主体とした格闘技です。ルールの違いはありますが、寝技中心の柔道を想像してもらえれば分かりやすいと思います。一切の打撃攻撃が禁止されていて、安全性の高さから格闘技未経験者でも始めやすく、現在世界中で競技人口が増加しています。歴史やルールなどさらに詳しくしく知りたい人はこちらを参照してください。

練習内容

前半

メンバー同士で技の研究と反復練習をします。柔術が主体ですが、参加メンバーの顔ぶれによっては打撃の練習もあります。主に格闘技研究会K-MASL代表の南さんが技術指導をしてくださります。格闘技経験の豊富な筋トレ嫌いのインテリ系マッチョです。

後半

スパーリング中心の練習です。こちらも柔術メインですが、グラップリングや総合格闘技、打撃のみも選べます。スパーリングをせずに、技の研究や練習を続けても結構です。自分の体力に合わせて、無理をせずに休憩や水分補給をしてください。

用意するもの

柔術衣や柔道着、もしくはラッシュガード・Tシャツ・短パンなどのスポーツウェア。プラスチックや金属が含まれているものは避けてください。それから、マナーも忘れないでください。

試合

公式試合は帯別、階級別で行われます。試合の簡単なルール解説はこちらを参照してください。入会すれば各種大会の公式試合に出場できます。出場参加は自由ですが、参加費用は自己負担になります。

入会・退会について

入会

まずは一度、見学か体験練習に参加してください。楽しく続けられそうならば、入会申込み書に必要事項を記入して、次回の練習参加時に提出してください。お問い合わせページからも申込めます。入会を迷われている間は、入会を保留したまま体験練習として参加してください。

会費

入会金は無料です。工芸繊維大学の学生と教職員は年会費、体験練習の参加費ともに無料です。それ以外の方はK-MASLの規定に従います。

退会

退会は自由です。退会の意思を口頭で伝えてください。差し支えなければ退会理由を教えてください。今後の運営方針の参考にさせてもらいます。

注意事項

練習中は無理をせず怪我をしないように気を付けてください。万が一のためにスポーツ保険(4月から翌年3月末日までの年額1850円)の加入をお勧めしています。学生の本分は学業です。勉学も疎かにせず、文武両道を目指して充実した柔術ライフを送ってください。